TVアニメ「転生したらスライムだった件」第20話あらすじ

TVアニメ「転生したらスライムだった件」第20話「ユウキ・カグラザカ」のあらすじです。

一部ネタバレも含みますのでご了承ください。

イングラシア王国に旅立つリムル

カリュブディズの脅威が去った夜、シズが夢に現れる。

イングラシア王国で教師をしていたシズには、生徒たちに心残りがあるようだった。

リムルは、シズの心残りを晴らそうとイングラシア王国に出掛ける事を決心する。

ジュラ・テンペスト連邦国は、順調に発展していて心配することは何もない。

リムルは、仲間に事情を説明し、ランガとイングラシア王国に向けて旅立った。

ランガの走りで3日でイングラシアの王都に到着することが出来た。

「転スラ」第20話を見逃した人は、コチラからどうぞ⇒転生したらスライムだった件

グランドマスターユウキ・カグラザカに会う

ユウキ・カグラザカ

リムルは、シズの教え子で現在ギルドのグランドマスターをしているユウキ・カグラザカに会うことにした。

ユウキの説明によると子供たちは各国が勇者召喚で失敗して呼び出された者たちだった。

シズは、その子たちを譲り受けて命を助けようとしていたというのだ。

ユウキによると、子供たちは、召喚されるとき取り込んだ膨大なエネルギーに耐えきれず、概ね5年以内に焼き尽くされて死んでしまうという。

リムルは、シズの意思を引き継ぎ、子供たちの先生になり、子供たちを助けようと思った。

リムルは、ユウキ・カグラザカの計らいで先生となった。

「転スラ」第20話を見逃した人は、コチラからどうぞ⇒転生したらスライムだった件